Interview

自身のステップアップに

夢に向かってスキルアップを

子供との時間を大事にしながら働ける

自分のペースでコツコツ働く

自身のステップアップに

Tさん

フロント

ステップアップできそうだと直感

私は中途採用で京都山科ホテル山楽に入社しました。
転職サイトに載っていた写真を見て、なんとなく雰囲気が良さそうだなと思い、応募。選考に進んでいくうちに、前職の経験を活かして強みを発揮でき、新しいことにもどんどんチャレンジできそう と「自分がステップアップしていけるイメージができた」ので入社を決めました。

1年半が経ち…

入社して1年半が経ち仕事に慣れ、後輩も増えてきました。
お客様に心地よくお過ごしいただけるよう、型にはまらない柔軟な接客をすることを意識しながら日々業務に取り組んでいます。また、先輩という立場として一緒にいるスタッフに「働きやすい」と思ってもらえるような環境づくりをするのも私の役目だと思っています。スタッフとは仕事の話だけでなく、たわいもない話も沢山します。話しやすい雰囲気を作ることで業務中での意見交換も活発になり、結果的にはお客様へのサービス向上にも繋がると思うんです。

会社とともに成長していく

京都山科ホテル山楽は2018年開業とまだまだ新しいホテルです。お客様からいただいた声をもとにサービス内容の見直し・改善をしていく中で、壁にぶつかることも多々ありますが、それを乗り越えたとき会社と共に自身も成長していけているなという実感があります。これからも前進できるよう頑張っていきたいと思います。

夢に向かってスキルアップを

Sさん

調理

環境を変え、新たにチャレンジ

元々グループホテルで勤務していたのですが、希望とタイミングが合い、心機一転山楽でチャレンジすることとなりました。山楽では、朝食は和食、ランチは洋食、団体のお客様には宴会料理…と幅広いジャンルの調理に携わるので、本来なら様々なお店で経験を積んで習得しなければいけないことを、ワンキッチンですべて学ぶことができます。和食・洋食それぞれの料理長から広く深く技術を教えていただけるので、スキルアップに繋がりますし、自分の作りたいものにも挑戦できるのでとても嬉しいです。

家族のような温かさが魅力

『楽しい時は楽しい味になるし、怒っている時は怒っている味になる。感情はお客様に伝わる。』と考える料理長が、楽しく調理できる環境を作ってくださっているおかげで、明るく和気あいあいとした雰囲気の中調理ができています。質問・相談もしやすいです。疑問に思うことは一から、なぜそうなるかの理由もあわせて教えてくださるのでスッと理解でき、次はこうしてみようと考えられるようになりました。先輩・上司には仕事のこともそれ以外のこともすぐに相談しますし、年齢の近いスタッフとは休日に出かけたりします。山楽に来て間もないですが、私にとってはもう家族のように近い存在です。

夢の実現に向かって

ホテル厨房で働き始めてからもうすぐ4年。
肉や魚の切り方、焼き方、盛り付け方、ソースのかけ方、素材に合うソースは何か等…たくさんのことを学んできました。
『地元でお店を立ち上げ、大好きな友人や家族に美味しい料理を食べてもらう』という子どもの頃からの夢を叶えられるよう、これからも山楽で料理の腕を上げていきたいと思います。

子供との時間を大事にしながら働ける

Uさん

レストラン・宴会サービス

「家族が好き」休日は家族と過ごします!

休日は家族でいろんなところに出かけています。ホテル山楽では年間105日の休日があり、お休みも比較的取りやすいほうだと思います。最近では子供が大好きなトミカ博に行きました。家族全員で、様々なところに遊びに行き、子供と触れ合い、成長した姿を見られることは幸せだといつも感じます。
また、ホテル山楽では休みの日に受けたサービスなどからも、仕事に活かせることが多いです。そのため、メリハリをつけて休日を有意義なものにできると思います。

働くことが飽きない理由

ホテル山楽の仕事は様々です。朝食やランチの準備業務をしたり、宴会時の会場準備をしたり、ゲストの対応をしたり……。ルーティンワークではなく、お客様に快適にお過ごしいただくため、一人一人望む物も違うので常に満足していただけるサービスを考える事は大変です、しかしお客様の状況を見ながら臨機応変に対応し、「ありがとう」と言う言葉を頂いき、喜んでいただけたときは、強く達成感とやりがいを感じます。とにかくホテル山楽の仕事は毎日毎日が違ったもので飽きることなく、楽しんで働くことができます。

ホテル山楽にしかないものとは

私はホテル山楽を愛してくださるお客様のため、すべてのお客様が満足され、また利用していただきたくなるサービスの提供のために懸命に今できることを、使命感を持ってやりきりたいと思っております。そのためには働いている我々がホテル山楽の理解を深め、お客様に何を提供できるのか、理解することが重要です。
都という地域や伝統文化と一体になり、お客様にサービスや食事を通じて感動体験をしていただく。これから新しく入社する方にもホテル山楽が何をお客様に感じてもらいたいのか理解していただき、ホテル山楽でしか味わえない、働く楽しさや、やりがいを感じてもらいながら働いていただきたいと思います。

自分のペースでコツコツ働く

Nさん

客室清掃

清掃の仕事も知らずに入社

入社前は「マメな人向いているんじゃないか?」そういう思いがありました。整理整頓が特別得意なわけでもないですし、家での掃除とは違いとても難しいのではないかと不安に思っていました。実際に、入社し清掃させてもらうと、特別な機会を使うわけではなく比較的すぐに仕事を覚えることができました。
お客様と直接お会いすることはほぼないのですが、清掃係の仕事として重要なのは、お客様が快適で違和感なく過ごしていただけるような部屋づくりを意識することだと考えています。丁寧に作業スピードを上げることも重要ですが、アメニティ一つにしてもどこに何があるのかが分かりやすく配置するなど、お客様目線に立ってお仕事をすることが何よりも重要だと思います。

仕事の奥深さ

入社当初、清掃に対して「誰がやっても同じだ」と思っていましたが、ベテランのスタッフさんはまねできないくらい、綺麗に素早く清掃されていて人によって個性の出る仕事だと今では思います。私も同じくらい仕事ができるように、1部屋ごとに目標もって清掃にあたっています。あと、意外だったのは、個人ではなく、チームで仕事を進めることです。遅れている人がいたら手伝ったり、分担して清掃をしたり、皆さんと一緒に仕事している実感もあるので毎日楽しいです。

みんなが家庭と仕事を両立している

私の家族は食べ盛りの子供がいるため夕食の準備は毎回大変です。ですので、夕食をつくれる時間に帰ることができるシフトはとてもありがたいです。また、駅から2分ということで通勤にもストレスないですし、近くに夕食の買い出しをできる場所もあるので大変助かっています。私以外の方も、比較的家事をしなくてはいけない方が多いので、仕事が長引くことは少なくみんなできちっと帰っています。
主婦歴の長い方も多いので「時短料理」や「掃除の仕方」などを教得ていただけるので、仕事だけでなく家事力も上がりました。